沖縄本島からも近い「久米島」の旅

飛行機でも船でも美しい景色が堪能できる

沖縄本島から西におよそ100kmの場所に位置する久米島。この島は、昔からその美しさと自然の豊かさで名が知られていた島でした。そんな久米島への旅は、飛行機はもちろん船も利用できます。飛行機の場合はプロペラ機で、本島から30分ほどで久米島に到着します。空路経由で久米島を目指す楽しみの一つは、窓から望める圧倒的な景色。初めての人はもちろん、飛行機に常に乗り慣れている人も、島々と海が織り成す眺めを堪能できるはずです。
船の場合には久米島への直行便を利用するか、あるいは渡名喜島の経由便が利用可能。3時間から4時間ほどかかりますが、ゆっくりと島の景色を味わいたい人におすすめです。なお、久米島はクルマエビの生産量で日本一を誇ります。島ならではのクルマエビ料理を味わえる点も、久米島の旅の魅力です。

久米島の人気スポット

都会に多く見られる高層ビルと違って、久米島には緑豊かな自然が広がっている点が大きな魅力です。時間が沢山あるなら、離島からボートに乗って別の離島に行きましょう。久米島には息を飲むほど透き通った海と、サラサラした真っ白な砂浜を誇る有名な浜が存在します。エメラルドグリーンから始まり深いブルーに至るまで、この浜から見える海のグラデーションは写真だけでは伝わりません。
また、この浜はシュノーケリングも楽しめます。海中を泳ぐ数多くの魚たちを眺めたり、ゆったりとした気分で泳ぎながら海の美しさを満喫しても良いでしょう。仮設トイレも備わっていて、簡易売店もありますので必要ならばシュノーケルセットなども借りられます。